オンカジで勝てない人へ!勝っている人が実践する方法

オンカジ 勝てない 悩み

一攫千金を目指して、あるいはお小遣い稼ぎ目的でオンラインカジノ(オンカジ)で勝負している人がほとんどでしょう。
実際オンカジでは、数十万円、数百万円、中には億超えの勝ちを手にしている人がいます。

勝っている人がいる反面、勝てない人がいるのも事実。
この記事を読んでいる人も、「勝てない……」と悩んでいる人が多いはずです。

オンカジで勝つには運の要素が大きくあります。
とは言え、運だけではない勝つための方法があるのも事実。

・なぜ勝てないのか?
・オンカジで勝っている人は何をしている?

ここをわかりやすく解説していきます。
なんとしてでもオンカジで勝ちたいと考える人は、ぜひ読み進めてみてください。

高還元率!実はオンカジは勝ちやすいギャンブル

オンカジは勝ちやすいギャンブルです。
勝てない人にとって、受け入れがたい言葉かもしれませんが、以下のデータをご覧ください。

「宝くじ」の還元率:およそ40%
「競馬」「競輪」「競艇」「オートレース」の還元率:およそ75%
「パチンコ」「スロット」の還元率:およそ80%
「オンカジ」の還元率:およそ95%

ギャンブルには還元率が設定されており、必ず胴元が稼げる仕組みになっています。
たとえば「競馬」の還元率が75%とした場合の例で考えてみましょう。

馬券の売上が1億円であったとします。
還元率が75%なので、

1億円✕75%=7千500万円

7千500万円のうちから各的中配当に割り振るのです。
ですので、当てた人が多かろうが少なかろうが、2千500万円は胴元であるJRAに入る仕組みとなっています。

これが「オンカジ」の場合は95%。

1億円✕95%=9千500万円

統計上、当たった時により多くの金額を手にできるのはオンカジと言えます。
比較するとオンカジが他のギャンブルよりも勝ちやすいことがわかります。

余談ですが、オンカジの還元率がなぜこれだけ高いかと言うと、「家賃」「光熱費」「人件費」などの経費が他のギャンブルと比較して圧倒的に少なく済むことがその要因です。
まあ、納得ですよね。

オンカジで勝てない理由

ドル札

オンカジが勝ちやすいと言われても、勝てない人がいるのは事実。
勝てない人にみられる特徴や傾向があるので、それらを紹介していきます。

勝てないのには理由がある。
「これは自分だな……」と思う項目があったら、それがオンカジで勝てない理由かもしれません。

そもそも軍資金が少ない

オンカジに限らずすべてのギャンブルに当てはまりますが、軍資金が少ないと勝てる可能性は低くなります。
スロットを「10ドル分回せる」、「100ドル分回せる」圧倒的に勝てる可能性が高いのは後者だとわかるでしょう。

軍資金が多ければ、小さな負けに対するリカバリーが効くのです。
逆に軍資金が少なければ、小さな負けで手持ちの資金が尽きてしまいます。

オンカジ経験者ならわかるでしょうが、勝てる・勝てないには波があります。
勝てるときは調子よく勝ちが続きます。
しかし、勝てないときはとことん勝てない。

どんなプレイヤーにも波をあるので、勝てない波で耐えうる軍資金を所持していなければその時点で負けが確定してしまうのです。

一撃必殺を狙うのは悪手

オンカジでは高額ベットが可能です。
確かに当たればリターンは大きいですが、大負けするリスクも高いと言えます。

オンカジでは、リカバリーできる余力を残していることがとても大切です。
100ドルの資金に対していっきに60ドル、70ドルをベットするのは無謀と言えます。

軍資金とのバランスを見ながら、常に余力がある状態を意識してプレイする必要があります。

感情がコントロールできない

「これまでの負けを取り返す!」
「もう手元の資金全部ベット!」

最終局面に感情的になってしまい、冷静な判断ができない人が多くいます。
オンカジで勝てない人の多くがこれに当てはまります。

先にも紹介した通り、オンカジで「勝てる」「勝てない」には波があります。
勝てない波で感情的になり、冷静な判断を失うと、手元の資金はすごい勢いで減っていきます。

これは競馬やパチンコでも同じことが言えます。
「最終レースですべて取り返す!」などと冷静な判断を失ってしまうと、ほとんどの場合で失敗します。

ギャンブルで勝てる人は、感情のコントロールができる人。
逆に勝てない人は感情のコントロールができないという特徴があります。

負けを取り戻そうとする

何度も言いますがギャンブルには波があります。
プレイするごとに、毎回勝てる人はいません。

オンカジで重要なことは、長期的な収支でプラスを目指すことです。
1ヶ月・半年単位で見た時に勝っている状態を目標にしましょう。

1日単位の負け、1週間単位の負けを取り返そうとすると、感情的になってしまいます。
勝てない状況が続いたとしても、長期的にプラスにすることを考え、気持ちに余裕を持つことが大切なのです。

「勝てない」を「勝てる」にするにはタイミングが鍵

ドル札

オンカジで勝てない人は結局タイミングを見誤っている場合がほとんどです。
重要なタイミングとは以下の2点。

・勝ち逃げするタイミング
・損切りするタイミング

それぞれについてくわしく見ていきましょう。

勝ち逃げするタイミング

オンカジに限った話ではありませんが、勝ち逃げするタイミングは難しいものです。
正しいタイミングはプレイを続けてみないとわかりません。

しかし、勝てない人は勝っている状況で、「もっと、もっと」とプレイを続けた結果、逆に資金を失うというケースが多い傾向があります。
逆に勝っている人は、勝っている状況で、「これだけ勝てればOK」とプレイを終えます。

勝っている状況はいつまでも続きません。
強欲にならずに、勝ち逃げできるタイミングで着実にプレイを終えられる冷静な判断と、事前の目標設定が大切です。

「〇〇ドルプラスになった時点で終了する」と目標を設定しておけば、勝ち逃げする助けとなるはずです。

損切りするタイミング

オンカジで勝てない人の多くが損切りのタイミングを見誤っています。
「どうにかして負けを取り返さなければ」という思考がはたらき、気持ちが焦った結果タイミングを見失います。

結果的にどんどん資金が減っていき、大きな損失となってしまいます。

オンカジをプレイする上で、波を読むことがとても大切です。
悪い波がきているときは、深入りせずにスパッと損切りしましょう。

悪い波から抜け出すのはかんたんではありませんからね。
大切なことは長期的なスパンでプラスにすることです。

少ない損切りでやり過ごすことが、結果的にオンカジで勝つための大きな要素となるのです。

まとめ

オンカジで勝てないのには理由があります。
そもそもオンカジは還元率およそ95%と、他のギャンブルと比較して勝ちやすい条件になっています。

それでも勝てないのには以下のような要因が考えられます。

・軍資金が少ない
・高額のベットを繰り返す
・感情のコントロールができていない
・負けを取り返そうと必死になる
・勝ち逃げのタイミングを見誤る
・損切りのタイミングを見誤る

上記をすべてクリアするのはかんたんではありません。
しかし、オンカジで勝っている人はこれらを意識し、勝つべくして勝っています。

長期的な収支を意識し、ゲームの波を読むことで、冷静な判断から勝てるようになるかもしれません。

オンカジで勝ちたい人は是非オンカジ!!をご覧ください!