オンカジで稼いだお金には税金がかかる!仕組みを解説

オンラインカジノ 税金 豆知識

オンラインカジノ(オンカジ)の魅力は数十万、数百万、場合によっては数億円もの高額賞金獲得のチャンスがあるという点です。
しかし、オンカジで高額の賞金を手にした場合に気になるのが税金の存在。

「そもそもオンカジの賞金に税金はかかるの?」

答えは、
「かかります。」
年間の累計獲得賞金が70万円を上回る場合、課税対象となるので確定申告をして納税しなければなりません。

「いくら払えばいいの?計算方法は?」

このページでは、オンカジで賞金を獲得した場合の税金の計算方法、実際の税額をシュミレーションをしながらわかりやすく解説していきます。
オンカジで利益を獲得した人、これからの獲得に備えて勉強しておきたい人はぜひチェックしてみてください。

オンカジで稼いだお金は「一時所得」で課税対象

カジノ ルーレット

先にお伝えした通り、オンカジで稼いだお金は課税対象となります。
オンカジでの賞金は所得の種類でいえば「一時所得」。

ちなみに《懸賞や福引きの賞金》や、《生命保険などの一時金》なども「一時所得」に分類されます。
継続的ではなく、一時的な臨時収入が「一時所得」として扱われるのです。

オンカジ以外のギャンブルの税金は?

競馬やパチンコといったオンカジ以外のギャンブルの賞金も、オンカジ同様に「一時所得」とみなされます。

「えっ?競馬やパチンコで税金払ってるなんて聞いたことないよ」

そう思う人もいるでしょう。
実は競馬やパチンコの場合、納税の義務があったとしても払っていない人が多くいます。

厳密に言うと、納税の義務を税務署にバレていないから払っていない人が多くいるのが現状です。
競馬やパチンコではなぜ税金の支払い義務がバレにくいかというと、賞金を現金で受け取れるからです。

現金で受け取るからこそ、銀行などの記録が残りません。
ですので、税務署は正確な情報を得られないので見逃されているのです。

オンカジの収益はほとんどの場合が銀行振り込み

では、オンカジの収益も見逃されるかというと、そういうわけにはいきません。
オンカジは性質上賞金を現金で受け取ることは不可能ですし、ほとんどの場合が銀行口座に振り込まれます。

銀行口座に振り込まれるとういことは記録が残るということ。
税務署はこれらの記録を確認できるので、必然的に逃れることはできないと言えます。

そもそも納税は国民の義務ですので、基本的には支払わなければいけません。
オンカジでの収益に対する税金は、きちんと納税しましょう。

一時所得が70万円以下の場合は税金がかからない

オンカジで賞金を獲得したら、漏れなく税金を支払わなければならないかと言うと、そうではありません。
一時所得に対する納税には以下の2つのルールが適用されます。

・最大50万円までの特別控除がある
・給与以外の所得が20万円以下の場合は申告不要

上記を合わせて考えると、オンカジでの年間利益が70万円を超えない限り申告不要で、税金はかからないということになります。

オンカジでの利益に支払う税金を計算してみる

お金を支払う

では、実際に税金がかかるケースでの計算をシュミレーションしてみましょう。
オンカジでの税金の計算は複雑でわかりにくい所があるので、算出項目を分割してわかりやすく解説していきます。

下記の条件で、税金の計算を進めていきます。

年収:500万円
オンカジ歴:4ヶ月
オンカジ頻度:月1回
【オンカジ収支】
7月10日
└賭け金:40万円
└収支:+100万円

8月6日
└賭け金:50万円
└収支:-50万円

9月14日
└賭け金:70万円
└収支:+140万円

10月22日
└賭け金:80万円
└収支:-80万円

合計
└賭け金:240万円
└収支:+110万円

税額を計算する手順

オンカジの税金は3つの手順に分けて計算していきます。

①一時所得を計算
②一時所得に対する課税対象額を計算
③その他所得を合わせた税金を計算

では、上記手順にそってそれぞれの計算を進めていきましょう。

手順①一時所得を計算

まずは一時所得の計算を進めていきます。


【一時所得の計算式】
《収入金額》-《支出金額》-《特別控除額(最大50万円)》

上記に当てはめて計算をしますが、この時に《収入金額》《支出金額》について注意が必要です。
税金の計算をする際の《収入金額》《支出金額》は、利益が出た時だけが対象となります。

支出金額の対象となるのは、「7月10日」「9月14日」の2日間のみ。
「8月6日」「10月22日」は収支がマイナスとなっているので、対象外となります。

ですので、
《収入金額》:100万円+140万円=240万円
《支出金額》:40万円+70万円=110万円

これを一時所得の計算式に当てはめます。
今回の場合、特別控除額は限度額である50万円が適用。

【一時所得】:《収入金額:240万円》-《支出金額:110万円》-《特別控除額:50万円》=80万円

このようになり、一時所得は80万円と求められます。

オンカジの税金は勝った日のみを抽出して計算します。
ですので、トータルの収支がマイナスであっても、大勝ちした日があった場合は税金を支払わなければいけないというケースもあります。

手順②一時所得に対する課税対象額を計算

つづいて、一時所得にかかる課税額を計算します。

【一時所得に対する課税対象額の計算式】
《一時所得》÷2

今回の場合、一時所得は80万円でした。

【課税対象額】:《一時所得:80万円》÷2=40万円

一時所得に対する課税対象額は40万円と求められます。

手順③その他所得を合わせた税金を計算

オンカジでの税金は総合課税に分類されるので、上で求めた課税対象額に給与所得を合わせて【所得額】を算出した上で、【所得税】を計算します。

【所得額の計算】
《年間給与所得》+《一時所得課税対象額》

今回のケースは、年収500万円です。
計算式に当てはめてみましょう。

【所得額】:《年間給与所得:500万円》+《一時所得課税対象額:40万円》=540万円

つづいて所得税を求めます。

【所得税の計算】
(所得額-控除額)✕《税率》

所得税を求める上で必要となる「控除額」と「税率」は「所得額」によって変わります。

▼「所得額」別の「税率」と「控除額」

所得額:195万円以下
└税率:5%
└控除額:0円

所得額:195万円超~330万円以下
└税率:10%
└控除額:97,500円

所得額:330万円超~695万円以下
└税率:20%
└控除額:427,500円

所得額:695万円超~900万円以下
└税率:23%
└控除額:636,000円

所得額:900万円超~1800万円以下
└税率:33%
└控除額:1,536,000円

所得額:1800万円超~4000万円以下
└税率:40%
└控除額:2,796,000円

所得額:4000万円超
└税率:45%
└控除額:4,796,000円

今回の場合、「所得額」は540万円なので、[330万円超~695万円以下]に該当し、「税率」は20%・「控除額」は427,500円となります。
これを【所得税】の計算に当てはめてみます。

【所得税】:(所得額:540万円-控除額:427,500円)✕《税率:20%》=994,500円

以上がオンカジでの利益に対する税金の計算方法になります。
オンカジでの税金は年収などの所得と合わせた【所得税】として求められます。

年収金額によって、税額は大きく変動しますので計算をする際は注意しましょう。

まとめ

オンカジで稼いだお金にかかる税金について細かく解説していきました。
オンカジでの収益は「一時所得」で課税対象となります。

競馬やパチンコは賞金を現金で受け取れるので、記録が残らないことから税務署からの徴収もされていないケースが多くあります。
一方、オンカジでは銀行口座への振り込みがほとんどなので必然的に記録が残り、納税を逃れることができません。

オンカジでの収益に対する税金の計算は、トータルの収支ではなく、利益となった日にちのみを対象に計算します。
ですので、場合によってはトータルで負けているにもかかわらず、税金を支払わなければいけません。

また、オンカジのでの「一時所得」は所得税に該当するので、具体的な税額を計算するには給与所得金額を踏まえて算出する必要があります。
合計所得額によって税率や控除額に違いがあるので、計算の際には必要な情報を揃えておこないましょう。

オンカジの収益は、確定申告で申告するようになります。
申告をしないと脱税行為と見なされ、罪に問われる可能性があります。
納税は国民の義務ですので、確実に確定申告をするようにしましょう。